ドローンによる測量をこれから始めたい事業所様必見!

ドローン(UAV)測量セミナー。

i-Constructionに関連して3次元データ取得への要望が大きくなってきた昨今。建設分野では、ドローンを活用した写真計測、レーザー計測が普及しつつあり、作業の効率化に貢献しています。
 
しかし、ドローン測量を導入してみたいけど、何から始めれば良いのか、どんな機材を用意すれば良いのか、運用するにはどのような知識や技術が必要なのか・・・まだまだわからない事がたくさんあり、導入に踏み切れない事業所が多い事も現状です。
 
株式会社 西日本UAVサービスではこの度、株式会社 柳土木設計事務所と共同で「ドローン測量セミナー」を開催。
 
実際にドローンを使って写真データの撮影を自動航行で行い、データ解析ソフトのPix4Dを使い、様々なデータ取得、活用方法の解説。
また、自社導入にてドローン運用をする為の機材説明や技能取得講習などをご案内いたします。

 


クリックすると拡大します。

 

体験会カリキュラム

9:00〜9:50

(座学)

ドローン概要 無人航空機の現状
運用事例
10:00〜10:50 無人航空機運用に必要な法律と安全管理 様々な法律やルール
安全に運行するための体制
11:00〜12:00

無人航空機運用に必要な操縦技術と機体知識

機体の操作に必要な技術
(国土交通省が定める基準)
機体の知識、バッテリー取扱い、 電波など
自動航行アプリケーションの説明
カメラの設定
13:00〜14:50 (実技) 自動航行による計測フライト グラウンドに基準点を設置して自動航行にて
データ取得
自動航行運用での注意点
15:00〜15:50 データ解析と運用方法 Pix4Dを使用してデータ入力と解析
解析データの利用方法
16:00〜16:30   質疑応答、今後の講習案内等 運用に必要な機材や価格
技能や運用状態に合わせた講習会、コンサルタントの
案内。

インストラクター

北村 和良

無人航空機運用暦10年のドローンパイロット。
テレビやCMの撮影を始め、各種プロモーションビデオの撮影を行う傍ら、ドローンを使った災害対応訓練や防災訓練を様々な自治体と行っている。

JUIDA認定インストラクター資格を持ち、過去2年間で300名以上のスクール受講生を受けもち、無人航空機(ドローン)操縦の技術と安全管理を教えて来た。



測量士

足立 圭二

ドローンによる測量を2年前から始め、数々の現場を経験。
JUIDA認定操縦士及び安全運航管理者資格を取得。

単にドローン測量をするだけではなく、様々な環境や条件でのテストを繰り返し、ドローン測量に適したカメラ設定や撮影環境を常に模索し、より良いものを求めている。



日 時:平成30年5月9日(水) AM9:00〜PM4:30
場 所:兵庫県豊岡市土渕459
    円山川運動公園(駐車場あり)
参加費:3,000円(税込)
定 員:15人(定員になり次第受付終了)
主 催:株式会社 西日本UAVサービス
    株式会社 柳土木設計事務所
連絡先:080-5366-0298(担当:北村)
    info@westjapanuavservice.jp